株式会社 global bridge HOLDINGS株式会社 global bridge HOLDINGS

Message

代表メッセージ

代表取締役CEO 貞松 成

保育、介護、ICTなどを通じて
人口問題解決を実現する。
その仲間にぜひ加わって欲しい

代表取締役CEO 貞松 成

代表取締役CEO 貞松 成

ミッションは「人口問題の解決」。
その手段の一つとして「保育事業」を推進

私が起業したのは、「人口問題の解決」をするためです。大学時代にまず起業することを決め、その後具体的な事業内容を検討しましたが、当時話題になっていた労働力人口の減少という点に刺激を受け、その解決手段と考え保育事業を創業しました。同業他社との比較の中で当社の特色をよく聞かれますが、「子どもが好きで」とか「待機児童を解消したくて」といったことだけではなく、人口問題を解決するというビジョンを掲げています。その手段のひとつが保育事業という位置づけです。

人口問題を解決するという目的が根幹にあるので、保育事業だけではなく介護事業、ICT事業という複数事業展開につながっていますし、これからもミッションに沿った形で新しいことに挑戦していきます。
また、労働力人口減少と並行し、その労働力人口が「歳を取っていく」という課題があることから、「若い人から変わっていかなければならない」と考えており、現在、保育事業の中では就学前教育にも力を入れています。少し前に話題になりましたが、アメリカのノーベル賞経済学者、ジェームス・ヘックマン氏により、就学前教育は非常に投資効果が高いことが注目されています。ところが、日本では未就学児に対する教育はほとんど手つかずの状態が続いています。日本では幼稚園と保育園とこども園とが分かれ、管轄する省庁も別々になっていることから、統一された教育方針すら定まっていないのが実情です。ただ、私たちはこの状況を「世の中を変える大きなチャンス」だと捉え、新たな挑戦を続けているのです。

代表取締役CEO 貞松 成

能力を開花させるには、人が育つ「環境」が大切

当社では、「夢に向かって成長しつづけよう」という経営理念を掲げています。私の学生時代からの考えでもありましたが、創業して多く社員と働く中でさらに強く感じるのは、人は誰もが違った能力を持っており、その能力が育つかどうかは、周りの環境に大きく左右されるということです。どんな人に会うのか、どんな本を読むのかなどによって、人はどんどんとブラッシュアップされて成長していく。その過程で「もういいや」と諦めてしまうのは、とても残念なことです。生まれ持った能力はすべて開花させて活躍して欲しい。だからこそ当社では、能力を最大限に発揮できる環境を整えています。

当社に新卒総合職として入社される方には、ぜひ起業家精神を持って仕事に取り組んで欲しいと考えます。私は、起業家精神を「まだないものを作り出してトップシェアをとり、社会にイノベーションを起こすこと」と考えていますので、これは組織の中であっても十分可能です。私たちは人口問題に寄与することに拘って事業に取り組んでいます。人口問題をはじめとして、日本において国難だと考えられることに対して起業家精神をもってアプローチし、事業としてイノベーションを起こしていきたいなと考える方を求めています。

代表取締役CEO 貞松 成

まずは素直であること。
それが社会的な課題解決にダイレクトにつながり、
世界へ広がっていく

入社後はまず素直に学んで知識と技術を身に付け、実践していくことが大事です。当社の社員の名刺の裏側には理念が書いてありますが、これは私が20代前半に考えたもの。だからとてもピュアなのです。今同じものを書けと言われてもきっと無理でしょう。社会人1年目に立てた目標は、少々稚拙かもしれませんが、とても素晴らしいものです。今後入社される皆さんには、最初に立てた目標を忘れず、素直に学んで実践し続けて欲しいと思います。

そして、私たちと一緒に「人口問題解決」「共生社会」を実現するためのソリューションを形にしてもらいたいです。それはきっと日本国内のみならず、世界からも注目を集めるモデルとなるはずです。社会課題にダイレクトに取り組み、質の高い日本のサービスを世界に広げていく。そんな当社の事業にワクワクしながら力を注いで欲しいと願っています。