株式会社 global bridge HOLDINGS株式会社 global bridge HOLDINGS

Company

会社情報

会社概要

商号 株式会社global bridge HOLDINGS(英文:global bridge HOLDINGS Co., Ltd.)
所在地 東京オフィス
130-0013 東京都墨田区錦糸一丁目2番1号 アルカセントラル16階 MAP
TEL 03-6284-1607
FAX 03-6284-1608
設立日 2015年11月25日
資本金 176,526,000円(2019年12月末時点)
上場証券市場 東京証券取引所マザーズ(証券コード6557)
代表者 貞松 成
経営理念 夢に向かって成長しつづけよう
従業員数 1,309人(2019年12月末現在グループ合計)

グループ体制

global bridge HOLDINGS

グループ全体の経営管理及び指導。新規事業並びにグループ内の事業間シナジーを活用して、社会に対する新たな価値を提供しています。

  • global child care

    認可保育園の運営を中心とした児童福祉事業を展開。量の面から人口問題の解決に寄与しています。

  • global life care

    サービス付き高齢者向け住宅の運営を中心とした介護事業を展開。量の面から人口問題の解決に寄与しています。

  • social solutions

    福祉施設運営管理システムを中心とした ICT事業を展開。グループの福祉施設運営を通じて蓄えたノウハウを活用 し、福祉施設が抱える課題を、ICTの力を使い包括的に解決。質の面から人口問題の解決に寄与しています。

沿革

2007年 東京都葛飾区において㈱global bridgeを設立
保育事業を開始、「あい・あい保育園」を開設
2008年 高齢者介護事業を開始、デイサービス「やすらぎ家」を開設
2009年 東京都墨田区に本店移転
2011年 大阪市中央区に関西オフィスを設立
保育園運営管理システム「Child Care System」を自社開発
2012年 事業所内保育受託事業を開始
2013年 ㈳日本事業所内保育団体連合会(現㈳日本社会福祉マネジメント学会)を設立
2014年 ICT事業を開始、保育園運営管理システム「Child care system」を外販開始
障害児支援事業を開始、放課後等デイサービス「にじ」を開設
介護施設と保育施設の併設に関する間取り構造特許を取得
2015年 保育事業の主要業態を認可保育事業に移行
㈱global bridge HOLDINGSを設立し、持株会社体制へ移行
㈱social solutionsを設立し、ICT事業を承継
2016年 生活介護「にじの家」を開設
児童発達支援事業所「にじの広場」を開設
直営運営施設数が30施設突破
2017年 東京証券取引所TOKYO PRO Marketへ株式を上場(証券コード6557)
2018年 保育ロボット「VEVO」を開発。直営運営施設における試験導入開始
直営運営施設数が50施設突破
㈱東京ライフケア(現㈱global child care)を子会社化。サービス付き高齢者向け住宅を運営開始
㈱YUAN(現㈱global life care)を子会社化。有料老人ホームを運営開始
2019年 直営運営施設数が70施設突破
直営運営施設における利用定員数が3,000人突破
午睡センサーを研究開発。直営運営施設における試験導入開始
東京証券取引所マザーズへ市場変更
2020年 主要子会社㈱global bridgeの社名を㈱global child careに変更
直営運営施設数が80施設突破